ちょっと待った!友達・同僚をセフレにするのは危険ですぞ!

昨今では、どんどん日本でもセックスへのハードルというものが下がって来ましたね。
セフレを作ったりすることも珍しくは無くなって来たのですが、それでも普通では許されない関係性ではありますからね。
やり方を間違えるとトラブルの元ですので、あくまで安全なセフレ作りを意識して欲しいところです。
セフレにすると危険な関係
セフレ、という関係はあくまで割り切った関係性ですのでそこまで持っていくとトラブルのもとになるような関係もあるのです。
それは、プライベートでの友達や職場の同僚などとセフレになってしまうということです。
なぜ危険かというと、既に出来上がった関係性の上にセフレを築いたりするとその関係を解消しにくくなってしまうということがネックなのです。
フリーの時ならまだしも、その先に恋人ができたりあるいは結婚となって来る時に友人や同僚がセフレだったりすると関係を解消するのがとても大変なのですね。
すんなり解消できたとしても、そのあとで顔を合わせたりすることもありますので大変危険なのです。
単純に遊びのつもりで関係を築いたはずが、向こうが本気になってしまったりすると、その後の関係は拗れに拗れてしまうことが多々あるわけです。
しかも、セフレとして作った関係性ではないからお互いのこともある程度知っているわけですからね。
セフレ関係が、周りに露呈しやすいという意味合いでも、元からの知り合いとセフレになるというのはあまりお勧めできる選択ではありません。
実際にあった失敗
私自身も、元々は学生時代の友達とセフレ関係になったことがあるのですがこれが本当に拗れる結果になってしまったんです。
元々、セックスの相性も良かったし性格も気が合ったのでセフレとして会う傍らで普通に友人としても付き合いがありました。
しかし、それから暫くして相手の女性が結婚するということでセフレ関係は解消したのですが、当然ではありますが友人としての関係は続くわけですよね。
結婚した後の友達とも普通に会ったり飲み会などで一緒になったりすることがあったのですが、どうやら第三者の友達が私と友達がセフレ関係にあったことを旦那さんにバラしてしまったのです。
もちろん、今は全く関係はありませんが元セフレとプライベートで会うというのは旦那さんもあまりいい気がしませんよね。
それで、話し合いになったりして私もトラブルに巻き込まれてしまったという失敗があるのです。
同僚とセフレになる危険性
プライベートな関係でなければいいのでは、と思う人もいるのですが職場の同僚とセフレになるのも大変危険なのです。
具体的に、どう危険なのかというと職場というのはプライベートな関係性に対してとても敏感なんです。
しかも、同僚が相手の場合は友達とセフレを結んでしまうと非常に関係を解消しづらいんですよね。
実際、解消してしまったとしても仕事場なので当然顔を合わせることはありますし、何より仕事場でセフレ関係がバレてしまうと周りからの目、というのも気になってしまうでしょうからね。
そして、最悪の場合というのがセフレの関係解消に失敗してしまった場合です。
そうなってしまうと、単純なセフレ関係や同僚との関係だけでなく職場の雰囲気を壊してしまいかねませんからね。
解消の失敗のやり方によっては、職場全体を敵に回してしまうというようなことだってあり得るんです。
セフレ関係というのはとても危うい物で、元々の関係性があった上から作ってしまうと、元々あった関係性にまでその危うさや脆さ、という物が影響してしまう可能性があるのですね。
ひいては関係性が壊れるだけではなく、その関係性が影響する生活空間にまで不具合が生じることもあります。

未成年者とセフレになるのはリスクが高すぎます!

男性という生き物は非常に厄介な物で、やはり平均的な好みを挙げるとなるとどうしても若い女の子に惹かれてしまうという傾向にありますね。
女子高生のような若い女の子、ともなると特に興味を引くことは間違いなしではないかと思います。
昨今では、女子高生ともSNSを利用したりすることで簡単に知り合いになることができるのですが、その関係でセフレに発展したりするのは非常に危険なのです。
未成年とセフレにはなるな
女子高生と言えば、18歳未満の未成年なわけですからね、普通に考えればそんな若い女の子と肉体関係を持つというのはあまりにもリスキーです。
基本的には、18歳未満の女の子と性関係を持ったりすると条例違反として罰則されます。
継続した関係を作り、セフレになったりするとなるとそれが露見する可能性も多いにありまして、それだけでもかなりリスクが高い、という事でもあります。
バレなければいい、と思う人もいるかもしれませんがその認識は実はとても甘いのです。
人は、完全に秘密を持つという事は非常に難しいのですが特に若い女の子というのはとてもお喋りです。
自分が、この話を話そうというような気持ちが無くてもポロっと普通の会話で漏らしてしまう事は多々あるんですね。
若い女の子は、特にそういった会話の警戒心という物が非常に薄いので秘密にしてある事でもついつい言ってしまうという事は多いにあり得ます。
しかも、友達にそういう事を言っているだけならまだしも、最近はSNSなんかのつぶやき機能を利用して感想なんかを気軽にネット配信していたりするようなことも珍しくありませんからね。
不特定多数の人の目に触れるような場所で普通にセックスの話をしたりする物ですから、年上のセフレとの関係のことを口にしたりしてなんてことになってしまう事も多いにあり得るのです。
若い女の子は確かに魅力的ですし女子高生とセックスし放題なんて最高にロマンあふれる事ではあります。
しかし、若い女の子というのは危機感や配慮という物が無いのでリスキーな部分をより危険にさらす可能性も高いのですね。
一度きりでもリスキーなのに、何度も体の関係を持つであろうセフレになるという危険性は本当にもってのほかという物なのです。
未成年のセフレのトラブル
若い女の子とのセックスは、男にとっては最高の快楽と満足を得る事が出来る物ですが、そんなに頻繁に若い子と関係を結ぶという事は難しい物。
それゆえに、女子高生なんかをセフレにしたりして18歳未満の未成年の女の子と関係を持つ、というようなことをしている人も結構いますね。
しかし、これは本当にトラブルの元なので絶対にやらないように強く忠告したいですね。
というのも、相手が未成年の場合の性交渉におけるトラブルというのはまず間違いなく男性側の責任を強く追及されるのです。
こと、相手側の親を巻き込んだ問題になったりしますとそれこそ警察が介入してくることもありますからね。
罰則金は勿論のことですが、最悪の場合禁固刑になることもありますので非常に不名誉な理由での拘置を受けてしまうという可能性も多いにあり得ます。
しかも、これが稀にというわけではなく寧ろこっち方面のリスクはかなり隣り合わせになるくらい起こりやすい物なのです。
女子高生、というのは多感な時期でありますし何より今はそう言った何気ない事を口にしたことが世に広まりやすい時代ですからね。
迂闊な発言をしがちな未成年の女の子とセフレ関係になるというのは最悪の場合前科が付いてしまう可能性もあるのです。
遊びでそこまで人生を棒に振るのは幾らなんでももったいなさすぎるというような物ではないでしょうか。
リスクは極限まで減らしましょう。

セフレを作るなら18歳以上の女の子を出会い系サイトで探しましょう

恋人ができれば、当然セックスの相手としても安定して付き合ってもらえるという相手ができるでしょうね。
しかし、恋人自体を作ることも中々難しいですしセックスだけをしていればいいという関係でもありませんので、そこに億劫さを感じてしまうという人も珍しくはないと思います。
そんな中で、単純に性欲を発散させてくれる関係性であるセフレ関係を作ったりする人が増えてきているわけですが、これは時に大きなトラブルを呼んだりすることもありますので多いに注意が必要なのです。
セフレを作る上でのトラブル
セフレはセックスを楽しむだけの関係、という事で非常に面倒さのない関係なのでとても楽ですが同時にトラブルを引き起こしたりする事もある関係なのです。
特に、セフレを作る上で気をつけなくてはいけないのが18歳未満の女の子を相手にするという事です。
最近では、出会い系サイトなんかも携帯電話で参加する事が出来るようになっていたりして、若い女の子なんかも出会い系を使っていたりするのです。
確かに、若い女の子と知り合いになれてしかもセフレにまでなれるなんて考えたら夢のような事ですし、ついつい欲望に流されてしまってセフレになってしまいたいと思う気持ちは分かります。
しかし、楽しさと同時にそう言った未成年の女の子とセフレになるというのはとても多きなリスクを抱え込んでしまう羽目になります。
関係性が露見すれば、それこそ刑事訴追を受ける事もありますので楽しみに見合っていない大きなリスクと言ってもいいでしょう。
また、それに伴い相手の親御さんなどから責任を追及されたりすることもあり得ますので面倒さが嫌でセフレを作ろうとしているのにより面倒なことに巻き込まれてしまうというようなことにもなりかねないわけですね。
セフレは18歳以上がお勧め
そう言ったセフレの大きなトラブルを避けるためにも、極力相手にするのは18歳以上の女性の方がずっといいでしょう。
実際、18歳以上と言っても若い女の子は沢山いますし女子大生なんかは18歳以上になっているけど学生さんなので変わらない若さ、という物を持っているので十分に満足する事が出来ると思います。
そして、何より女子大生というのは18歳未満の未成年の女性とは違う遊びを覚えた色気やエロさという物を持っているんですよね。
だから、寧ろセックスを楽しむためのセフレを作るともなればずっと満足する事が出来るのではないかと思います。
セフレをどうやって作るか
安全にセックスを面倒なく楽しむためのセフレを作るにはその過程もとても大事なことです。
セフレを作るには、まず大前提としてトラブルを引き起こさないような相手を作るのが何よりなのですが、出会い系サイトを利用する事でより安全にセフレを作る事が出来るのです。
出会い系サイトであれば、そもそも自分と同様にセフレを募集居している人だけをピンポイントで狙って関係を作る事が出来ますし、何より相手も割り切った関係を求めているわけですからセフレから関係が拗れるというようなことはまずあり得ませんね。
なのでセフレを作るにはまず、さっぱりした関係を作る事が出来るような出会い系サイトを利用することをお勧めします。
セフレにしたい種類の女性
特に、安全にセフレを楽しむ事が出来るような人というのは社会人になった人の方がずっといいですね。
中でも、OLをやっている女性なんかはかなり狙い目になって来ます。
というのも、OLというのはとにかく忙しく遊んでいる暇も出会いを求める暇もないという人が多いのです。
だから、出会い系サイトの中でも特に声をかけたらすぐに誘いに乗ってくれる人、というような風に考えてもいいわけですね。
しかも、遊びやセックスにどん欲な人が多いのでセックス自体も激しく濃厚な物を楽しむ事が出来ると思います。
もうひとつ、OL以外にセフレにすると安全というようなタイプの女性に実は人妻があげられるんですね。
不倫関係なんて危ないのでは?と思う人もいるかもしれませんが不倫関係がバレてしまうとリスキーなのは寧ろ人妻側の方ですからね。
秘密厳守、という事にも気を配っている人が多いので関係性が外に漏れるというような心配をしなくていい相手という意味でも安心してセフレの関係を楽しむ事が出来るわけです。
さらに、単純なセフレの相手として人妻はとても狙い目なのです。
そもそも、出会い系サイトなどに登録するような人妻というのは旦那に対して満足してないような女性ばかりです。
勿論、セックスに対しても欲求不満な女性が多いので此方が秘密厳守という大前提さえを守っていれば条件のハードルはかなり低いので、比較的簡単にセフレになる事が出来ます。
何より、セフレという割り切った関係は寧ろ男性以上に人妻に対しても好都合ですので、セフレにまで発展する事が出来る可能性がとても高いのです。
何より、人によっては口止め料をもらえたりもするのでお得なんです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ